2020年トレンドになる知ったかぶりIT用語「人間拡張」

2020年トレンドになる知ったかぶりIT用語「人間拡張」

漫画やアニメの事例を織り交ぜた解説は、Voicyの音声版ITパパニュースで♫

人間を拡張するとは?

英語では、ヒューマン・オーグメンテーション
全く、ピンと来ません
ポイントは2つです

  • 人間とコンピューターの融合
  • テクノロジーの力でどうやって人間を高めていくか?

実際に開発が進んでいる事例を3つ見てみましょう。

目を拡張する

注目を集めるドローン
このドローンにカメラを付けます。
そのカメラを覗くためのゴーグルを人間が装着します。
これは、「目の拡張」といえます。

人間が入れないところへ入る
行けない場所へ行く
利用方法は様々考えられます。

まさに、2つの意味で目をつけたってことですね

存在感を拡張する

人間の概念とは!?
それは、人間ウーバーです。
マスクに液晶ディスプレイがついており、顔が映し出されます。
このマスクを装着するのは全くの別人。
しかし、顔と声は本人という仕組み。

圧倒的、存在感!

アタマは本人、カラダは他人。東大が開発した「人間Uber」の二人羽織感

岡本玄介 人々は、そこに本人がいると 認める ようです。 大変便利なことに、ネット回線を使えば、出社せずとも 世界中どこからでも仕事が完結 できる時代になっています。世間では「SOHO」とか「テレワーク」とか呼ばれており、今後もますます増えていくことと思われます。 でもそれを成り立たせるのは、ある程度オフィスの人たちと 顔見知り …

能力を拡張する

忍者ハットリくんの透明マントが開発されています。
東京大学先端科学技術研究センター教授の稲見昌彦さんです。
最先端すぎます。
これで、あなたも忍者ハットリくんの特殊能力を手に入れることができます。

あなたの欲しい拡張はなんですか?

まるで都市伝説のような事例ですが、その他にも多くの開発が進んでいます。
あなたが拡張して欲しい部分があれば、是非コメントをお寄せください。
VoicyのITパパニュースで取り上げさせていただきます。

私は、すぐにダジャレが出てくるAIとドッキングしたいです!

知ったかぶりIT用語カテゴリの最新記事