2020年トレンドになる知ったかぶりIT用語「自動運転」

2020年トレンドになる知ったかぶりIT用語「自動運転」

シリーズでお届けしている、知ったかぶりIT用語。
就職、転職、社内でthe FIELD OF VIEWのように突然、IT用語を振られます。
そんな時、知ったかぶりで乗り切るためのポイントをシェアします。
今回は自動運転です。

電車の自動運転

JR西日本、迫る運転士の大量退職 深夜の自動運転試験:朝日新聞デジタル

JR西日本は今月から、大阪環状線で自動運転の走行試験を始めた。試験期間や実用化の時期は未定だが、運転士が乗り込まずに電車を走らせることも視野に入れ、走行性能を確認する。 …

JR西日本では深夜に自動運転の試験をはじめました。

JR東、常磐線で自動運転開始へ

JR東日本は8日、2020年度末に常磐線の綾瀬(東京・足立)―取手(茨城県取手市)間の各駅停車の車両で自動運転を始めると発表した。加速や減速を自動で行う自動列車運転装置(ATO)を活用する。同社がATOを活用するのは初めて。現在は運転士と車掌の2人が乗っているが、将来は乗務員が1人で運行することを目指す。 …

JR東日本の常磐線でも自動運転が始まっています。

運転の人員を減らす、免許のない乗員が乗務するなど
人手不足対策として、今後、どんどん導入される見込みです。

自動車の自動運転はギア3

自動車の自動運転は次の領域へ動いています。
レベル3です。
日本政府はレベル3解禁へ向けて新しい審査方法を検討しています。
そう、まるでルフィの必殺技、ギア3!

ポイントはこのレベル3の概要です。これを説明して知ったかぶりしましょう。

  • 限定した場所で完全に自動運転
  • いざというときは運転手が操作

昔は、「ハンドル」というものがあってね・・・
という昔話を孫たちにする時代が来るかもしれません

自動運転の基礎知識 | フォルクスワーゲンの先進技術 | テクノロジー | フォルクスワーゲンについて | フォルクスワーゲン公式

自動運転車が事故や渋滞を減らし、安全で快適な移動手段として私たちの生活に馴染む。そんな時代にもう少しで到達できそうです。 現在、多くのクルマにその自動運転の過程となる様々な技術が搭載されはじめてきました。交通事情と調和しながら進化してゆく自動運転技術。 その技術がこれから先どのように実用化されていくのか、一緒に見ていきましょう。

子どもでも運転できますね、まさに
自動運転ってね♫

falcoによるPixabayからの画像

知ったかぶりIT用語カテゴリの最新記事