古き良きネット用語:Flash動画で友人と笑った

古き良きネット用語:Flash動画で友人と笑った

この記事を音声で聴けます。こちらから。

動画と言えばFlash動画だった、あの頃

古き良きインターネット用語。
懐かしい、インターネットができたばかりの頃、
不自由ながらも僕たちは楽しくインターネットを使っていました。

そんな頃に生まれたインターネット用語を懐かしむシリーズ
今回はFlash動画です。
Flash動画ご存じないですか?

現代では、動画って言うと「YouTube」とか「TikTok」とか
そういった動画のプラットホームに自分で加工したビデオをアップするのが主流です。

一方、インターネット初期の頃、2000年前後はFlash動画というものが爆発的にヒットしましたと。
それには、理由が2つあります。

PCのスペックが圧倒的、低い

まず1つ目マシンのスペックが弱い。
当時は動画を編集するスペックがなかったんですね。

そこでフラッシュという比較的軽く動画を作ることができるソフトが非常にみんなが心に刺さったんです。

ネット回線が圧倒的、遅い

そして2つ目、インターネット回線が遅い。
当時はそれでも最先端でしたが今のネット回線と比べると、、
はじめの一歩で言うと板垣君と戦った星君、ぐらいの遅いです。

ネット回線が遅かったので作った動画をアップロードするのも大変です。
さらに見る方もカクカクでしか動かない、とそんなことから軽く動くFlash動画というものがはやったんですね。

今、ユーチューバーはいますけども、当時はFlash動画職人みたいなのが居ました。
それだけで生計を立てている人もいました。

このFlash動画なんですけれども、実際に自分をカメラで写した感じではなく
自分で作った絵を動かしてBGMを重ねるみたいなスタイルでした。
そんなFlash動画私がゲラゲラ笑った3選をお送りしたいと思います。

面白Flash動画:ペリー

1つ目、ペリーさんです。
そうなんです歴史の教科書にも出てくるペリーさんがですね、
もう延々と開国を迫るというflashです。

ただ1人で「開国して下さいよ〜」とかいろんなパターンで言う
ただそれだけなのに面白かったですね。

ピアノレッスン編でブチギレるペリーさんもツボです。

面白Flash動画:千葉滋賀佐賀

2つ目千葉滋賀佐賀です。
元ネタはラーメンズというお笑い芸人のネタなんですけれども、
これに合わせて絵を動かすというだけなんです。

しかし、元々のネタの面白さも相まって、素晴らしい動画に仕上がっています。
千葉県民としてもうれしい動画です。

見終わった後、あなたは、「千葉滋賀佐賀」と言うこと間違いなし!

面白Flash動画:恋のまいあひ

そして3つ目、恋のマイアヒですね。
ヒットソング自体の人気があったんですけど、
これに合わせて2チャンネルのキャラクターモナーが踊るというのが、
可愛かったんです。

むしろ、これきっかけで恋いのマイアヒは流行ったんじゃないかと思います。
是非、令和時代でもご覧ください。

友達と一緒に見るのも文化の1つ

いや〜見たくなってきましたね。
当時は、パソコンってそんなに家庭に1台ってほど普及してなかったので、
友達と一緒にflash動画を見て、
一緒にゲラゲラ笑うっていうのが文化の1つでした。

私も友達と見ながらゲラゲラ笑いながら見ました。
現代もYouTubeがちょっとつながるかもしれません。
みんなで同じ動画見てコメントする同じ動画を共有する。
これをあの頃はリアルにねリアルな空間でやっていました。

Flash終焉の時

そんなFlashですがAdobe社というものがいろいろあって買収しまして、
今AdobeFlashとなっております。
ですが、このFlashは、2020年に終了します!!

インターネットの世界ではほとんど使われておりません。
栄枯盛衰を感じますね

flashだけに時代を先行したってことですね。

引き続きあなた懐かしいネット用があればぜひコメントにお寄せ下さい。

インターネット用語カテゴリの最新記事