オンラインコラボ収録に最適なツールは何か?

オンラインコラボ収録に最適なツールは何か?

コラボ収録もオンラインの時代へ!

気軽に人と会えないが、コラボのうねりは止められない!
というわけで、このような状況でも、いや
こんな状況だから、いろんな人とコラボ収録しましょう!
というわけで、様々なツールを使って実験コラボを行ってみました。
その内容をまとめていきます。

王道のSkype

昔からその名を轟かせる、Skypeもコラボ収録では当然候補に上がります。
コラボする相手がアカウントを持っている可能性も高いですし、
マイクロソフトという安心感もあります。

音質は悪くないのですが、遅延が少し気になります。
一般的なトークには問題ありませんが、
お互いのトークが重なる、トークが入り乱れる場合は、話しにくいと感じるかもしれません。

ゲーマー御用達のDiscord

圧倒的、遅延なし!
こちらが第一印象です。

ゲーマーたちがリアルタイムに音声をやり取りするために開発されたツールです。
そのため、遅延が少ないのが特徴です。

部屋を作って呼ぶ事ができるため、コラボ収録以外にも利用方法がありそうです。

ブラウザだけの Whereby

知名度は少ないですが、音質、遅延ともに申し分ないのが
Whereby(ウェアバイ)です。

ホストはアカウント登録が必要ですが、参加者はアカウント登録が不要です。
無料アカウントでは1室に4人まで参加が可能です。

英語がベースなのがネックですが、
そこまで難しくはありません。

Appleユーザーが手軽なFacetime

ほぼ電話!という使い勝手なのがFacetimeの利点と言えるでしょう。
しかし、音質は、「電話だな」という音質になってしまいます。

一方、遅延は少ないのが嬉しいところです。

コラボ相手がアップルユーザであれば、一番手軽と言えます。

シェアNo.1のZoom

今や、泣く子も黙る、Zoom!
イタ飯行く?くらいのノリで、気軽に誘えるのが利点です。

音質は若干気になるものの、遅延は全く問題なしです。
Zoomであれば、アカウントを持っている人も多いでしょう。

コラボツールNo.1は?

しんたろーたりーさんと実際に、ツールを使ってコラボしてみて、
No.1ツールを決定しました。

それは・・・Voicyでお聞きください!

音声発信カテゴリの最新記事